株初心者だった頃の話(8)~信用取引を始める、その1~

昔話
09 /16 2017
魔法陣枠部品01 魔法陣部品s03_02 魔法陣枠部品02 魔法陣部品s03_02 魔法陣枠部品03
 俺: さて今回は、先週話してた通り、信用取引を始めた頃の話をしようか。
 りーちゃん: はい。初期の戦略には穴があって修正を余儀なくされ、それによって回転率が下がって見込める利益が減少。そこで見込める利益を増やすため、信用取引の使用を検討し始めたのでございましたね。
 カドラ: ク、クエー・・・?
 アイギス: ふふ。この話、カドラにはまだ理解するのはちょーっと早いわよね。けれど、見込める利益が減ったから信用取引でレバレッジを掛ける、っていうのは、一般的に考えたら結構危ない考え方よねー。
 魔物: うん。信用取引で大儲け!っていうのはさ、アタシら株の魔物が投資家を魔道に引き込む黄金パターンのひとつだからねー。まあウチの場合、信用取引始めてもアンタは魔道に落ちたりはしなかったわけだけど。
 俺: はは。そりゃあそうさ。俺には数学、もっと言えば過去の天才的な数学者の皆様、っていう強い味方が付いてるんだから。株のセンスはなくとも、そうそう簡単に信用取引に潜む「魔」に魅入られたりはしないよ。
 りーちゃん: はい。信用取引は大儲けの幻影を見せ、時に実際に大儲けを実現させてしまう力を持ってはおりますが、その分大きな危険性をもはらんでいるものでございますから。
 アイギス: そうね。特に危ないのが、事前に信用取引の特性をよく考えないまま実際に信用取引を始めちゃって、偶然に大儲けしちゃった場合なのよね。その成功体験が仇になって、危険な取引を繰り返すようになっちゃったりしがちなのよねー。
 俺: そう。古今東西、そうやって信用取引に「魅入られて」、財産を失っちゃった人ってのはたくさんいるんだ。だからウチの場合は、実際にやってみる前に、数学を駆使して信用取引の特性について詳しく分析したんだよ。
 魔物: そうだったよねー。アンタときたら、何やらよく分かんない数式をこにょこにょひねくり回しちゃってさー。アタシが、そんなんいいからとりあえずやってみなよ!って言っても聞きゃしなかったよね。
 俺: はは。そりゃそうだよ。アイギスも言ってた「間違った成功体験」、そんなものを刷り込まれたりしたらかなわんからさ。実際やってみる前に、あらゆる状況を想定して危険な領域には踏み込まないように考えようとした・・・んだけど、長くなっちまったから今週はここまで。来週も、信用取引を始めた頃の話の続きをしようか。
 りーちゃん: はい。来週も信用取引のお話でございますね。それでは皆様、もしよろしければ下のバナーをクリックして下さいませ。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

株式ランキング
魔法陣部品s03_01 魔法陣枠部品05 魔法陣部品s03_01 魔法陣枠部品06 魔法陣部品s03_01
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

物理屋本舗

物理法則を応用したストラテジーを使うシステムトレーダー。数学的に「儲かる」と証明されたかに見えるストラテジーを実市場で検証中。バックテストで検証することが困難な戦略ゆえ、実市場を用いて検証を続けるも、サブプライム+リーマンショックで大ダメージを受ける。しかし、それも含めて17年間で年平均11%程度のリターンを挙げており、今のところ戦略の有効性に問題はなさそうに見える。心の中に巣食う魔物がかなりうるさい。