カドラのお食事

魔物と雑談
09 /12 2017
魔法陣枠部品01 魔法陣部品s05_01 魔法陣枠部品02 魔法陣部品s05_02a 魔法陣枠部品03
 魔物: あ、何、カドラはお食事中?
  カドラは物理屋の肩に止まり、目を閉じている。
 カドラ: クェー・・・
 俺: ああ、そうだよ。やっぱカドラは育ち盛りだからか、こうやって定期的に俺に触れて魔力を補給しなきゃならないみたいだ。
 りーちゃん: そうでございますね。カドラ以外の我々は、そのようにしなくても当面、十分な量の魔力は補給されるのでございますが。
 アイギス: そうねー。やっぱりドラゴンだからなのか育ち盛りだからなのか、魔力がいっぱい必要なんでしょうね。最初、カドラがまーちゃんで「お食事」しようとした時には、大変なことになっちゃったものね。
 魔物: うん。アタシの肩に止まって魔力吸われたときにはさ、すぐに魔力不足でクラクラしちゃって。でもさ、アタシがフラフラしてるのを見てカドラ、すぐに肩を離して飛び離れたんだよね。
 俺: ああ。やっぱそこらへんの判断はできる知恵がすでにあるようだよな。爬虫類だからなのか、生まれたばっかりなのにそれなり運動能力もあるし、こりゃ期待できるかな?
 りーちゃん: はい。しかしながら、何といってもまだ生まれたばかりではございますから、何かしらの役に立つようになるには、まだまだ時間が必要でございましょう。
 アイギス: そうねー。まあ、カドラについてはまだ、分からないことだらけよね。とりあえず食事の仕方は分かったけれど、どんな能力があるのかとか、まだ全然分からないものね。
 魔物: いやー、能力どころかさ、まだ男の子か女の子かすら分かってないでしょ?もちろんしゃべれもしないわけだし、カドラがどんなドラゴンなのかってのは、まあこれから少しづつ分かってくるんだよねきっと。
 俺: そうだなー。まあお前たちってのは全員、この世ならざる者なわけだけど、ずっと前から俺の中にいたからどんな奴かは分かってたし、現実離れの度合いからいってもカドラが一番だろうからなー。これからだろ、いろいろ分かるのは。
 りーちゃん: はい。楽しみでございますね。それでは皆様、もしよろしければ下のバナーをクリックして下さいませ。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

株式ランキング
魔法陣部品s05_02a 魔法陣枠部品05 魔法陣部品s05_01 魔法陣枠部品06 魔法陣部品s05_02a
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

物理屋本舗

物理法則を応用したストラテジーを使うシステムトレーダー。数学的に「儲かる」と証明されたかに見えるストラテジーを実市場で検証中。バックテストで検証することが困難な戦略ゆえ、実市場を用いて検証を続けるも、サブプライム+リーマンショックで大ダメージを受ける。しかし、それも含めて17年間で年平均11%程度のリターンを挙げており、今のところ戦略の有効性に問題はなさそうに見える。心の中に巣食う魔物がかなりうるさい。