現金額は潜航可能期間

資産運用
08 /22 2017
魔法陣枠部品01 魔法陣部品s05_01 魔法陣枠部品02 魔法陣部品s05_02a 魔法陣枠部品03
 魔物: ね、ウチってさ。
 俺: ん?ウチがどした?
 魔物: 資産の10%を現金で持つ、ってルールがあるじゃんか。これってどうしてなの?ウチって信用取引をしてるってことはさ、証券会社から割と大きな借金してるってことじゃん?ならさ、できるだけ現金なんて持たずに現引きするのに使えば、払う金利が少なくなって得なんじゃないの?
 俺: あー、まーな。それは真理の一端を突いてるよ。確かに信用取引をしながら現金を持つってことは、その現金って証券会社から借りてるのと同じことになるからさ。ホントは現金は持たない方が、その金利分だけ得になることは確かだよ。
 りーちゃん: そうでございますよね。確かにわが方は現在、信用取引のポジションが資産の10%を優に上回っておりますから、保持している現金以上の借金があることになります。ここで仮に現金で保有している分・・・約1000万円程度ですが・・・これを現引きに使えば、年間10万円以上を節約できることとはなりますが。
 アイギス: うん、確かにそれはそうなのだけれどね。けれどこの現金って、株式市場が荒れ模様のときに、無理に現金を引き出さずに耐えられるようにするためのいわば「バッファ」なのよねー。
 俺: そうなんだよ。例えばリーマンショックの時みたいな、株式市場が大荒れになるような時期ってのはさ、証券口座にいくら資金があっても足りないような状況になるんだよ。「ピンチはチャンス」って面もあって、そういう時期には証券口座から資金を引き出せば引き出すほど大損することになるのな。
 魔物: ・・・あ、そうか、例えばウチは、リーマンショックの底では1800万で今1億ってことは、資金は当時の5倍くらいにはなってるわけだけど、あの底のときに10万余計に使ってたら、今の資金がその5倍の50万も減ってたってことになるもんね。
 俺: そう。株式市場が荒れてる時ってのは、いわばお金の価値が圧縮されたような状態になるのな。その濃厚な状態になったお金をその時、証券口座から引き出してしまうと、相当な損をしちまうことになるんだよ。
 りーちゃん: ・・・あ、なるほど。しかし一定額の現金をあらかじめ証券口座の外に持っておけば、生活のためにやむを得ず証券口座から資金を引き出さなければならない状況が回避できるため、その「圧縮されたお金」を引き出さなくて済む、ということでございましょうか。
 俺: そういうことだよ。俺なんかはその「証券会社から資金を引き出さなくても生活が立ち行く期間」を「潜航可能期間」とか呼んでるんだけどさ、今は現金を1000万持ってるから、大して節約とかしなくても優に3年間は「潜航」していられるだろ?これが資産1億ってのが安全にリタイアできる目安になる理由のひとつでもあるんだよ。
 アイギス: そうね。リーマンショックの時なんか、手持ちの現金がほとんど底をついちゃって、危ない思いをしたりもしたものね。当時と比べれば、だいぶ非常事態への耐性は付いたわよねー。それじゃあ皆さん、もしよろしかったら下のバナー、クリックして下さいね。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

株式ランキング
魔法陣部品s05_02a 魔法陣枠部品05 魔法陣部品s05_01 魔法陣枠部品06 魔法陣部品s05_02a
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

物理屋本舗

物理法則を応用したストラテジーを使うシステムトレーダー。数学的に「儲かる」と証明されたかに見えるストラテジーを実市場で検証中。バックテストで検証することが困難な戦略ゆえ、実市場を用いて検証を続けるも、サブプライム+リーマンショックで大ダメージを受ける。しかし、それも含めて17年間で年平均11%程度のリターンを挙げており、今のところ戦略の有効性に問題はなさそうに見える。心の中に巣食う魔物がかなりうるさい。